循環する排水管の水漏れは放置すべきでない

■建物の内部を循環する排水

水道のトラブルの中でも排水管の水漏れは、水道業者にも日々相談される案件の一つです。排水管の水漏れが厄介なのは、目で確認できない恐れがある点です。壁中や床下などの、建物の内部に配管されている個所もあるからです。普段露出していないので、この部分で異常が起きてもすぐに気付くことができない恐れがあります。しかし水漏れトラブルは放置しても自然に改善することはありません。症状が進行すると建物内部でも、いずれ異変が表面化します。例えば壁のシミです。もし今までなかった壁のシミや変色に気が付いたのであれば、修理業者に見てもらったほうがいいでしょう。漏れが起きたことによって、壁に染み出し濡れたことでシミになっている可能性が高いからです。シミはひとたび発生するとそれをきれいに消すのは難しいです。気が付いたら早めに専門家に相談しましょう。

■雨漏りのような状態にも

住宅の中には、排水が天井を循環しているタイプもあります。もしこの部分で水漏れが発生していると、天井を濡らしてしまう危険性もあります。ある日天井を見てみるとシミになっていたり、カビが生えていて黒ずんでいたりするのであれば、漏れを疑ったほうがいいかもしれません。カビが生えているということはその部分の湿気がひどかった場合や、水漏れが起きている場合が推測できます。この場合、そのまま放置していても問題の解決することはないです。業者を呼んで、問題の発生個所を特定して、排水管の修理など適切な対策を講じるようにしてください。


■水漏れを放置すると家屋の劣化にも
このように排水管は、建物の内部を循環しています。普段目に見えないところで水漏れが起きると、なかなか気づきにくいかもしれません。しかし上で紹介したようにしばらくすると、何か違和感が出てくるはずです。その場合には、修理業者を速やかに呼ぶのがおすすめです。水は建材にとって天敵です。木造の住宅であれば腐食を誘発します。鉄筋コンクリートの場合でもさびが起こりやすくなります。いずれも住宅の強度に深刻なダメージを与えます。長年放置していると、最悪家屋の損壊という可能性も出てきます。集合住宅の場合、階下の住民の天井を濡らしてしまう恐れがあります。すると隣人トラブルに発生したり、賠償や補償の問題にも発展しかねません。何かおかしな症状に気が付いたのであれば、早めに対処を講じることです。できれば定期的に家屋の点検を業者に依頼するのがおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ