お風呂の浴槽からの水漏れは排水管か循環金具か

■追い炊き機能で大事な循環金具

お風呂には、追い炊き機能を付けることで、循環金具と呼ばれる部品が取り付けられています。給湯器の機能として使われるもので、なかなか壊れる部分ではありません。浴槽に溜めたお湯が、気がついたら水漏れして流れ出てしまうようなことが起きたときには、原因のひとつとして考えなければいけません。真っ先に排水管に関するトラブルを検討していきますが、この循環金具から給湯などの配管内に流れて一定量のお湯が減るケースもあります。
循環金具は、浴槽に穴をあけて給湯器とつながっています。給湯器で作ったお湯を浴槽内に送り出していきますが、吸い込んで温め直して送り出すのも役割です。2つ取り付けて循環させるタイプと1つで両方の役割を持たせるものがありますが、湯船のお湯を無駄にしないためには大事な装置です。ですが、浴槽に穴をあけて取り付けるものであり、すき間ができれば外部に流れ出てしまう可能性も出てきます。

■減り方にも注意

浴槽に溜めたお湯が減る状況で考えられる排水のトラブルは、ゴムの栓の劣化があげられます。すき間ができて水が漏れてしまうというのは考えられる状態だからです。排水管に流れ出していけば、いくら溜めても全ての水が漏れていきます。これが大きなポイントになるのは、水位の一番下にある部分だからです。
循環金具の場合には、状況が異なります。この配管は排水するためのものではなく、給湯器との接続にあるため、そもそも持っている水位が違います。給湯器が取り付けられている位置は、浴槽よりも高くなるのが一般的です。配管内に戻ったとしても全て流れ出るようにはなりません。パスカルの原理から、配管の中に入り一定の高さでおさまるため、逆流しているときには一定水量しか減らないところが違いとして表れます。これも、浴槽の外部に水漏れしてしまえば、その位置までは水位が下がる状況になるでしょう。

■よほどでなければ水漏れしない
循環金具の場合には、水漏れするとすれば、劣化よりも施工不良の可能性が高い部分です。パッキンを使って挟み込んで締め付けますが、パッキンの劣化や浴槽の変形といったことがなければ水漏れはしません。コーキングなどで補修する方法もありますが、一時しのぎでしかないため、取り付けをやり直すなどの方法が必要です。給湯器を交換したとしても、循環金具は交換しない場合もあるほど水漏れしにくい部品です。浴槽のお湯が減っているときには、まずは排水管側に注目しながら、それでも直らないときにチェックしてみるといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ