家の中にある各所の排水管からの水漏れ

■台所の排水管

排水管は見えない場所に設置されている場合が多く、どうしてもトラブル発見までに時間がかかりがちです。その分被害が広がりやすい部分といえます。
台所の排水管は、シンク下に配置されています。シンク下は、収納庫として活用している場合が多くみられますが、出来れば排水管部分は普段から見えるようにしておくだけでも、水漏れなどのトラブルを早期発見できます。異臭がしたり、なにか腐食したようなあとを見つけたら、水漏れを疑ってかかるのが大切です。少しの異常であっても見逃さないようにしましょう。台所は使用頻度の高い場所であるため、トラブルが起こる確率が高いということを自覚し、定期的なチェックが大切です。

■台所と似ている洗面所

洗面台も、排水管からの水漏れが起こる可能性がある場所です。台所と同じように収納庫になっていることが多く、足元に水が流れてきてからやっと水漏れに気付いたという状況もあるため、こまめにチェックする必要があるでしょう。また、最近では洗面ボウルの下に収納庫を設けず、オープンタイプになっているタイプも増えています。この場合、排水管が床につながる床排水と、壁につながる壁排水があります。どちらの場合も配管の接続部分から水が漏れることがあります。
台所などよりは使用頻度が低いため、使用による劣化というより部品の寿命などによるトラブルが多くみられます。この場合は、パッキンなどの消耗品を交換すれば直るケースが多いです。ナットの緩みが水漏れの原因だったという例もあるため、順番に部品を確認していくと間違いありません。風通しを良くしておくだけでも、水の臭いなどでトラブルを発見できる場合もあります。

■洗濯機の排水管のチェック
洗濯機の排水管は、床下につながっているため状況を確認することはできません。洗濯機から糸くずなどが流れ込んでしまうと、つまってしまう可能性も少なくありません。洗濯機内の糸くずキャッチャーなどは普段からきれいにしておくとともに、定期的に問題がないか確認するといいでしょう。
洗濯機にはじゃばらのホースなどが取り付けられて排水されるのが一般的ですが、このホースも経年劣化していきます。時間とともにどうしても傷みが出てくるため、途中で水漏れしていないかなど点検しておく必要があります。万が一本体から水が流れてきたときに水漏れを防止してくれる排水パンもありますが、ごみなどで埋まってしまうと機能しないため、トラブル防止には定期的な掃除が欠かせません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ