排水管の循環が悪くなると水漏れなどのトラブルの原因になる

排水管の役割は生活などで出た排水を下水管に流すことであり、排水管の中では絶えず排水が循環しています。この循環が滞るようになるとスムーズに排水がされなくなり、水漏れや汚水などが流れなくなるだけでなく、逆流するなど深刻な被害に繋がることもあります。

■循環できなくなる原因は油汚れ?

キッチンのシンクにそのまま使用した油を流しているという人もいるのではないでしょうか。また食事の後片付けや調理の最中に油汚れがシンクに流れてしまうこともあります。油を完全に取り除いて水を流すというのはとても困難なことですが、この油によって排水管の循環が悪くなってしまいます。
シンクに油を流すと見た目には排水溝に吸い込まれていき流れているように見えるのですが、大量に油を流したり、少量の油でも頻繁に流すことで油は冷えて固まり、排水管の内側に付着してしまいます。だんだんと付着している油が蓄積されていくことで水の循環が悪くなり、最悪の場合には詰まってしまいます。

■トイレに生ゴミを捨てている人は特に注意が必要!

生ゴミのをトイレに流しているという人も少数ですが存在します。トイレは人間の排泄物を流す目的で作られています。食べかすや生ゴミなどを処理する能力はありません。食べかすに含まれる油などがトイレの排水管の内側に付着して、これを長く続けることでどんどん管は狭くなり、トイレも詰まってしまいます。




■まとめ
排水管の水の循環が悪くなると詰まる、水漏れが起こるなど様々な水のトラブルが発生することから、循環が悪くなる原因を作っているような習慣がある人はすぐに見直しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ