排水管の水漏れしやすい箇所と原因、交換について

■排水管の水漏れをしやすい箇所は5つ

排水管から水漏れをしやすい箇所は大きく分けて5つあります。
まずは台所です。シンク下には調理器具などを収納している場合が多く、トラブルの発生に気づきにくいことがしばしばです。
次に洗濯機では、接続部分やホースの劣化が原因となり、水漏れが発生します。
洗面台でも水漏れは発生しやすく、パイプを接続しているナットのゆるみが原因の場合は、自力で対応することも可能です。
風呂場は蛇口やシャワーなどお湯を大量に使う機器が多いことから、水のトラブルが多々発生します。
トイレは部品の緩みや劣化、さらにはタンク内の部品の故障が原因として挙げられます。
このような箇所でトラブルが発生した場合、部品の交換で済むこともあれば、大規模な工事が必要となることもあります。箇所ごとに原因と特徴を覚えておいた方が良いでしょう。

■先々を見据えての交換を視野に入れる

排水管から水漏れしている場合、自分で修理をすることを考える方もいますが、まずは専門業者に依頼することを第一とした方が良いでしょう。
水漏れが起きたら、正確にどの箇所が原因で排水管から水漏れしているかを把握するのが先決です。間違った対応によってさらに事態が悪化してしまっては元も子もなくなります。専門業者なら確実に原因をつきとめてくれますし、トラブルが起きている箇所に合わせて適切に対処を行ってくれます。
今現在は問題がないにしても、先々を見据えて交換を視野に入れた方が良い場合も多々あります。応急処置をしたとしても現状維持以上のことはできないと考えた方が無難です。被害が拡大してから対応をするのではなく、事前にできる限りの対応をするのが肝心です。

■自分で部品交換するのは難しい理由
排水管の水漏れを部品の交換で対応する場合、同じ部品をホームセンターなどで購入する必要がありますが、ホームセンターなどで確実に入手できるとは限りません。本当に該当する部品が原因であるかも調べなければならず、すべての箇所にアプローチしていくことが求められます。すぐ交換が必要なのに時間がないときもあるでしょう。
確実性を重視し、手間を省きたい場合は、専門業者に依頼するのがベストです。相談や見積もりが無料のところなら、気軽に依頼をすることができます。具体的にどれぐらいの費用がかかるかも簡単に把握できるので安心です。
放置することで被害が拡大してしまうことも少なくありません。すばやく対応することを念頭に置いておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ