排水管の水漏れの原因とは

排水管は汚れた水や排泄物などを流すために欠かせないものであり、排水管は下水管に繋がっていることで人々は衛生的に暮らすことができています。シンクや洗面台、お風呂やトイレ、洗濯機などから繋がっている排水管にも水のトラブルが起こることがあり、最も多いのが水漏れです。そこでここでは排水管で水漏れが起こる原因について説明します。

■排水管から水が漏れてくる原因は主に3つある

排水管から水が漏れてくるようになったという場合、考えられる原因は主に3つあります。
まず1つ目は排水管の詰まりです。シンクや洗面所の水が流れる排水管は水以外にも様々なものが流れます。特に油などは冷えて固まると排管の内側に付着して水の通り道を狭くしてしまうことから、詰まりやすくなってしまいます。排管がキャパオーバーを起こすと水が漏れてきてしまいます。2つ目は、排管やそのほかの部品の接続部の緩みが考えられます、3つ目は、経年劣化も排管から水が漏れる原因として考えられます。


■まずは自分で修理をしてみよう

ドラッグストアやホームセンターなどでは、排管を洗浄するための洗剤が販売されています。
こちらを使用することで軽度の排管の詰まりを流すことができます。この他にも古くなったパーツを取り替えたり、緩みを締め直すことで排管からの水漏れを解決できる場合があります。




■まとめ
排水管からの水漏れは非常に厄介なものです。原因を知って自分でもできる対処法を知っておくことで、スムーズに問題を解決することができるのではないでしょうか。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ