排水管の水漏れ交換を自分で行う方法

■排水管の水漏れの原因にはどんなものがあるのか

排水管の水漏れ交換は専門業者に依頼するのが最も確実であるものの、自分で行うこともできないわけではありません。本体の老朽化はもちろん、給排水管の破損や、排水管やパイプのつまりであるかを疑ってみましょう。パーツの劣化や損傷、接続部分の緩みである場合もあります。
これらの中で本体の老朽化に関しては自分で対応するのは現実的ではありません。新しいパーツを用意する手間はかかるものの、交換自体はそれほど難しいものではありません。軽度のつまりに関しても同様に専門の掃除道具を使う、あるいは洗浄剤を入れての対応ができます。まずは自分で対応できる範囲であるかを考え、難しいと判断した場合においては無理せず専門業者に依頼することを意識しましょう。

■トイレの排水管の水漏れ交換は3つの症状に要注目

給水管から排水管につながる分岐から水漏れをしている場合、パッキンの交換によって対応できます。止水栓のナットを外してパッキンを新しいものと交換すれば完了です。タンクと便器の間に位置する配管から水漏れをしている場合も同様にナットやパッキンの不具合が原因となります。配水管とタンクの接続部分においての水漏れもパッキンの交換によってトラブルが解決します。これらの3つの症状である場合、わざわざ専門業者に依頼せずとも自分で対応が可能であることを覚えておきましょう。場所を特定すれば被害を最小限に抑えられるため、まずはどこから水漏れをしているかを発見しましょう。

■蛇口の水漏れは劣化と破損に要注目
蛇口の耐用年数は10年ほどです。10年間使い続けることによってトラブルは増加します。自分で蛇口の水漏れを改善するためには劣化と破損の両方に注目しましょう。部品の劣化の場合は自分で同じものを用意して交換すれば簡単に対応ができます。問題となるのは破損の場合です。自分で対応するのは難しく、専門業者に依頼した方が良いといえます。
そのまま蛇口のトラブルを放置してしまうと水道代が大きく上乗せされ、驚くような金額の水道代が請求されることも少なくありません。蛇口から水漏れしている程度と軽く捉えず、今すぐに修理して、これ以上被害が拡大しないようにすることが大切です。さらに排水管の老朽化が進んでしまっている場合は、早急に専門業者へ依頼することを第一としましょう。その一時だけ修理を行っても、後に同じトラブルが発生する可能性が高いです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ