排水管の水漏れは循環経路を考えて修理方法を決定しよう

■お風呂場の水漏れは原因追及が重要

お風呂場は水を多く使うため、水漏れをする危険性も高くなります。しかし、蛇口やシャワーからの水漏れなどはすぐに気がつけるものの、排水管や浴槽からの水漏れはなかなか気が付くことができません。しかし、排水管や排水口付近、浴槽に問題があれば、影響は床や床下にまで出ている可能性があります。影響範囲が大きいので原因と解決方法をきちんと確認することが大切です。
そもそも浴槽は頑丈に作られているため、壊れてしまうことはほぼありません。しかし、循環口やゴム栓などは劣化している可能性があります。もしも浴槽に水をためているときに水量のヘリが早いと感じた場合には、浴槽の水漏れを疑いましょう。

■排水管や浴槽は自分での修理は難しい

浴槽関連であれば循環口の詰まりはカバーを外して掃除を行い、ゴム栓の劣化はゴム栓自体を交換するだけで済みます。しかし、排水管や浴槽自体からの水漏れは自分で修理するのは難しい部分です。
排水管が詰まる可能性は少ないものの、排水管の経年劣化や破損などによって水漏れを起こすことがあります。直接確認ができないことから進行してから気が付くことが多いものの、そのままにしておくとカビが生えたりシロアリが発生したりと、水回りだけではない影響も考えられます。もしも壁や床から水漏れの可能性を感じた場合、早い段階で防腐処理などが必要になるでしょう。
大掛かりな修理や工事が必要になり、専門の知識や技術が必要なため、早い段階で相談することが大切です。

■自分で修理できるかは基準を元に考えよう
お風呂場は特に難しい場所ですが、キッチンやトイレの排水管の水漏れなどでも、修理が難しいこともあります。自身で修理をするか否かを決める際には、判断基準を定めておくことがおすすめです。例えば、水漏れしている箇所が目視で分かる、原因を特定することができる、部品を交換するなど直すための方法がわかる、修理に必要な部品を自分で購入できる、といったことです。
水漏れしている箇所の特定は水の循環経路から考えてみましょう。直すための方法は、ナットを締め直すだけでいいなど専門的な道具が必要ないかも確認しておきます。部品は型番を確認し、ネットで調べたりホームセンターで相談したりすると入手できることがあります。
きちんと修理できていなければ、結果として修理業者へ依頼することとなります。基準に該当しない場合には速やかに業者へ相談するなど、被害を拡大させないための判断力も大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ