排水管の水漏れは交換修理で直せる

■排水管の水漏れ要因

排水管の水漏れが起こる理由として多いのは、排水管と排水溝が繋がっている場所などにゆるみが出来ていることや、排水管の部品で使っているパッキンが老朽化している場合です。工事を行った施工業者の施工ミスで、部品がきちんと接合できてないことで起こるケースもあります。
自宅の中でも、水場となる排水管周辺は、他の部分に比べて故障しやすい部分です。経年劣化に伴って起こる場合がほとんどですから、古くなった部品や故障している部品を交換することで修理できます。既存の部品を直すことは少なく、交換修理が中心です。
ただし、排水管自体が何らかの理由で故障している場合は、排水管を丸ごと替えなければなりません。自分で修理できる範疇を超えているので、業者に依頼して修理を検討する必要が出てきます。

■排水管の水漏れで交換する箇所

水漏れで修理が必要になる場所は、排水溝の結合部分のナットや、排水管内のパッキン、排水管そのものです。部品を接続するために必要なシールテープや、防臭エンドなども必要になります。
どの部品も基本的に自分で揃えられるので、部品を購入して必要な工具を用意してセルフ修理をするのも良いでしょう。部品そのものは数百円から数千円と安く手に入れることもできます。
自分で交換する場合の注意点として、交換が必要な部品が一つではないケースがあることです。複数の部品が壊れていることもあるので、一つの修理が終わっても、他の修理がすぐに必要になることもあります。
セルフチェックでは、実際に修理が必要な場所が複数あっても、十分に把握できないことが多く、何度も修理が必要になって手間がかかります。修理しても部品の接続が不十分だと、水漏れのトラブルはすぐに再発します。

■排水管の水漏れは業者に依頼しよう
水漏れで部品交換が必要な場合は、自分で直すのではなく業者に依頼して交換することをおすすめします。業者に依頼するメリットは、一度の点検で部品交換が必要な場所がすべて把握できることです。
何度も修理しなくて済むように、一度で必要なパーツの修理もできます。業者に依頼することで、確実に修理してもらえることや、原因を詳しく解説してもらえるのもメリットです。
排水管の水漏れ工事に対応している業者なら、アフターサービスに対応している業者も多くあります。交換に不十分な場所があっても、アフターサービスがあれば無料や格安で対応してもらえるので安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ