排水管の水漏れが起きる箇所と要因、修理の判断基準

■水漏れが起きやすい箇所

排水設備が設置されている箇所では排水管の水漏れが起きる可能性があります。一般家庭ではまず、キッチンの流し台の下、洗面所の下、トイレの便器からの排水設備があります。そして浴槽がある浴室、洗濯機を設置する洗濯パンの排水設備があり、一戸建ての場合は屋外にある下水の排水管があります。最近は核家族化が進み、一人暮らし世帯も多くなっているため、ユニットバスになっている間取りも増えています。
ユニットバスはトイレや洗面台と浴槽の水回りが中心部に集まっています。一見するとそれぞれの排水管が別に見えますが、構造的にすべてが繋がっている例が大半です。排水管の水漏れの現象は水が垂れる音がする以外に、詰まりにより異臭がする場合もあります。まずは第一に水が漏れている箇所を特定することが大切です。

■水漏れが起きる主な要因

排水管の水漏れで多いのは詰まり、接続部分の緩み、経年劣化です。毎日大量の生活排水が流れるため、詰まりやすい現状があります。洗面所や浴室で髪の毛が詰まったり、キッチンで指輪を流してしまったり、洗濯機の排水ホースに糸くずが詰まるなどです。接続部分はナットやパッキンの金具で締めているので、老朽化により緩みが起きると水が漏れるトラブルが起きます。
緩みを放置すると排水管の破損に繋がり、より大がかりな工事になるので注意が必要です。排水管自体の寿命は10年から15年とされるので、10年以上使用している場合は経年劣化も考えられます。その場合はメンテナンスも兼ねて業者に点検してもらうと良いでしょう。その他の原因として外的要因によるダメージがあります。地震の振動で負荷がかかり、劣化を促進させ、気づかないうちに水漏れが起きていたというケースもあります。

■自分で修理できるか判断するには
水漏れを発見した場合、自分で修理できるレベルなのか、プロの業者に依頼した方が良いのか判断することが必要です。まず、緊急性が高い状態かどうか判断します。ポタポタと垂れている程度であれば、まだ修理する時間に余裕がありますが、漏れる水の勢いが強い場合は自分で対応するのは困難です。水が溢れる状態が長引いたり、逆流したりしている場合も素人判断せず、業者に連絡することをおすすめします。
自分で修理する場合は場所と原因を特定することが必要ですが、原因が分からない場合も業者に任せた方が良いです。原因を見つけようとあちこち触っているうちに、トラブルを悪化させてしまうこともあり得ます。また、床下から水が漏れている場合は、自分で修理できるレベルを超えていることが多いので、迷わず業者に連絡してください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ