排水管から水漏れ?実は井戸ポンプが原因かも!

■井戸ポンプからの水漏れ

水漏れが発生していると、疑わしい場所として挙がるのが排水管です。しかし水漏れが発生する原因として考えられるのは排水管だけではありません。全ての家庭に当てはまるケースではありませんが、井戸ポンプが故障すると、何らかのトラブルが発生してしまうことがあります。
現代の井戸ポンプというのは、地中に管があり、その管の中を通って井戸の水を汲み上げていきます。最近では井戸水を使用している家庭も少なくなりましたが、井戸ポンプを設置することによって、井戸の水と上水道をうまく併用している家庭もあります。
もしも家庭内に井戸ポンプを設置している場合は、水漏れを起こしたときに排水管からの水漏れだけではなく、違う原因によるトラブルも疑わなくてはなりません。

■トラブルの原因は?

井戸ポンプにおいて水漏れの症状が発生している場合は、いくつかの原因があります。水漏れが止まらない原因の一つとして、機械の寿命が来ているという可能性が考えられます。寿命は10年ほどと言われているので、設置してからそれくらいかそれ以上の年数が経過している場合は交換が必要です。
また井戸ポンプは水を汲み上げるためのもので、排水などは行われません。そのため、排水管ではなく井戸水を汲み上げるための配管が通っています。配管が劣化してしまうと破損の可能性も出てきてしまいます。もしも配管に破損が起こった時には、業者を呼ぶ際に井戸水を組み上げる管が破損していることを事前に伝えると、作業もスムーズになります。

■修理をする流れ
井戸ポンプが故障して水漏れが起きている場合は、新しいものに替えるための修理をする必要があります。まず大まかな工事の流れとして、故障しているものを撤去した上で新しいものを設置する工事が行われます。工事にかかる費用は撤去と取り付けにかかるものだけではなく、新しいポンプの費用も含まれるので、ある程度まとまった金額がかかることを理解しておくと安心です。
故障が原因で水漏れが起こっている場合は、新しいものに交換をして、正常な動作が行える状態になると症状も収まります。もしもポンプの管が原因の場合は、水漏れを起こしている箇所の管の交換をすることで、井戸水を汲み上げても症状が起こらなくなります。
井戸水は下から汲み上げるため、水漏れの症状が目視で確認できればその周辺に原因があることは理解できるでしょう。このようなケースでは、排水管の破損の可能性と井戸ポンプが原因となっている可能性の2種類が考えられます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ